お知らせ01

お知らせ01

お知らせ

ブログ2018/11/10

◆ゲストプログラムのご紹介◆

お久しぶりのブログ更新です。

早いもので、もう11月ですね。あたたかい物が恋しい季節、食べ物がおいしい季節、秋ならではの彩りを楽しむ季節、ファッションを楽しむ季節、などなど…。皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

今回は、リカバリーセンターの目玉プログラムの中から、2つご紹介したいと思います 

∮\(´▽^)

まず1つ目は、『WRAP』です。神奈川県立保健福祉大学より、専門でやっていらっしゃる種田綾乃先生(愛称:AYAさん)を講師にお招きし、9月から開始となりました(^0^)。 11月10日は第3回でした。この日もメンバーの皆さんで楽しくデザインしました~☆。

Q.「ところでAYAさん、『WRAP』って、何でしょう??」

A.「こんにちは。9月から、リカバリーセンターで「WRAP(ラップ)」のプログラムを担当していますAYAです。『元気回復行動プラン』ともいって、自分自身の「元気」について考えたり、そのために生活のいろいろな場面でできることや、役立つ道具・アイデアを探してプランをつくっていくプログラムです。

3回目となる今回は、「注意サイン(自分の調子が崩れる前ぶれ)」について考えました。めまいやしびれ、呼吸の乱れ、笑えなくなる、朝布団から出られなくなる、お風呂に入るのがおっくうになる、洗い物がたまってしまうなどなど・・いろいろなサインが出てきて、それぞれに対するアイデア(対処プラン)をみんなで考えました。一人で考えていても解決策の見えないこともたくさんありますが、それぞれしている工夫を出し合うことで、身近にできるたくさんのアイデアがあふれた時間でした。1回程度で開催していますので、気になる方は、ぜひぜひのぞいてみてください!」 

なるほど~!。元気でいるため、そして気分が優れないときに元気になるために..、また、自分で責任を持って自分の主導権を握り、自ら望むような人生を送るために..、あなた自身でデザインをするプランがWRAPなのですね。詳しくは、参加してみるのがいちばん解かりやすいですね。次回開催は、クリニックに掲示してあるポスターで確認できますよp(^^)q

 

写真1枚目:WRAPの様子。              写真2枚目:左がAYAさんです。

2つ目は『KIZUKI~気付き~ プログラム』です。こちらは、群馬ダルクから、お二人のスタッフさん“プーさん”と “ショーンさん”をお招きして、月に一回の定期プログラムとして、1012日よりスタートしました。特徴は『当事者参加型プログラム』というところです。これも、参加したメンバーさんにしか体験できない、なんともスピリチュアルな感じがありますね~。私も癒されました(^w^)。

DARCのお二人とのお仕事は、私の夢でもあったので、これからも引き続きよろしくお願いいたします(m--m)

 

写真1枚目:KIZUKIプログラムの様子。 
写真2枚目:終了後、プーさん、ショーンさんと一緒に。

これからもリカバリーセンターの一押しプログラムを小出しに紹介してまいりたいと思います♪。

寒い季節が来ます。みなさん、体調の変化に気をつけてお過ごしください☆

 

髙木のり子